訪問看護スタッフブログ

2019.03.1 |

訪問看護のオンコールの実際!~訪問看護のオンコールについて知っておきたいこと~



緊急携帯と地図
「訪問看護には興味はあるけどオンコールをやれるかどうか少し不安」という方からのお問い合わせをいただくことがあります。たしかにオンコールは自宅で待機をしていないといけない、すぐに緊急訪問できるようにしていないといけない…といった不安がつきものかもしれません。しかし、利用者様やご家族様が困っているときに支えることができ、まさに看護師としての本領を発揮する職務のひとつとも言えるのではないでしょうか。今回はそんな訪問看護におけるオンコールについて理解を深めてもらえたらと思います。

目次

訪問看護におけるオンコールとは

オンコールとは、利用者様の急変時の訪問に備え、夜間や休日といった勤務時間外に呼出に応じられるように待機することをいいます。
オンコールは勤務時間という扱いは一般的にはされていませんが、電話があればいつでも訪問に行けるように待機している必要があります。
訪問看護ステーションにもよりますが、常勤看護師の場合オンコール必須としているところがほとんどですが、回数を希望に応じてくれたり、オンコールの無いステーションもあります。

オペ室のオンコール

病院でオンコールがあるケースはオペ室勤務の場合です。
オペ室のオンコールは2名体制となり、配属の看護師人数にもよりますが、20~30名の看護師が所属するオペ室の場合、週に1~2回オンコール当番が回ってくることがあります。
オンコールは緊急手術がある場合に病院から出動要請の電話が来ます。手当は平日1,000円から、土日祝で3,000円というところもあります。

オンコール手当の平均は1,000~2,000円未満が最多

さて、訪問看護におけるオンコールの手当については全国訪問看護事業協会の調査があります。


平日オンコール(17時~9時)の待機手当(第一担当者)は、最も多い訪問看護ステーションで1日1,000~2,000円未満、続いて多いのが2,000~3,000円未満となっています。5,000円以上の訪問看護ステーションは4.1%、1,000円以下の訪問看護ステーションは6.6%となっています。
参考:一般社団法人全国訪問看護事業協会:平成27年度全国訪問看護事業協会研究事業「訪問看護ステーションにおける24時間対応体制に関する調査研究事業報告書」

リカバリー調べによるオンコールの実態

今回、リカバリーで取り始めているオンコールのデータを集計してみました。

今回、リカバリーで取り始めているオンコールのデータを集計してみました。
調査期間:2018年9月11日~2019年2月17日(160日)
調査ステーション:訪問看護ステーション リカバリー(新宿)
オンコール担当:3名のシフト制
電話が鳴った回数:164回
※同じ利用者様からの重複するお電話も、1回として集計しています
オンコールの相手は利用者様ご家族が約6割

訪問看護ステーション リカバリー(新宿)の場合、オンコールの相手の6割が利用者様のご家族からとなっています。続いて、利用者様ご本人となりました。

オンコールの内容で多いのは身体の不調、相談、吸引、転倒

オンコール内容は訪問看護ステーションの利用者様の特性により異なると考えられますが、ターミナルの利用者様が多いステーションではエンゼルケアや急変、精神疾患の方が多いステーションでは、眠れない・不安で話を聞いてほしいといったオンコールがあるかもしれません。
リカバリー(新宿)で最も多かったオンコール内容は「身体の不調」となり「相談・質問」「その他」「吸引」「転倒」と続きました。その他には、関係各所からの経過報告、オンコール指導後の改善報告の連絡などが含まれていました。

オンコールから緊急訪問は約4割、約6割は電話で解決

集計期間において、リカバリー(新宿)でオンコールの電話が鳴った164回のうち、実際に緊急訪問をした割合は約4割となり、オンコールのうち6割の内容では訪問することなく電話で解決ができていることが分かりました。

オンコールが鳴らない日が月の半分を下回ることも

オンコールが鳴らなかった日は集計した160日中、75日となりました。1月はオンコールが鳴らない日のほうが多くなりました。

緊急訪問の交通手段は自転車や原付、車、タクシー利用も

オンコールから訪問となる場合、訪問看護ステーションごとに緊急訪問に関するマニュアルを設けていることが多いので、それに従って訪問をします。
移動手段としては、自転車、原動機付自転車、社用車、中にはカーシェアリングを利用しているところもあります。また、深夜の訪問にはタクシー利用を推奨しているところもありますので、その訪問看護ステーションの決まりを教えてもらい、オンコールのしやすい体制かを確認してみるとよいでしょう。

オンコール担当へのサポート体制


リカバリーでは、経験2~3年目の女性看護師でオンコール担当に手を挙げてくれたスタッフもいます。理由を聞くと「先輩が夜でも困ったら電話してきていいよって言ってくれた」という安心感でオンコールを担当してくれていました。オンコールに慣れていると、電話を自宅に持ち帰り、枕元に電話を置いて寝ることに抵抗ない看護師の方もいますが、慣れていないとオンコール用の携帯を持っているだけで不安で眠れない…という方もいらっしゃいます。オンコールは不安だけどやってみたい、という気持ちのある看護師さんは、判断に迷うときに相談できる体制があるステーションを選ぶとよいかもしれません。

お気軽にお問い合わせください

ご利用や求人に関してのご不明な点や、看護についてのご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

  • 03-5990-5882
  • お問い合わせ
  • サービス依頼書

求人に応募する