看護師の転職相談先は同僚や先輩、紹介サイト、ハローワークの3つ

看護師 転職 相談看護師 転職 相談

看護師の転職相談先は同僚や先輩、紹介サイト、ハローワークの3つ

皆さんが転職を考えた時に相談するのはどなたが思い浮かびますか?

実は1番適しているのは「同僚や先輩」になります。理由は明確で、同じ環境や境遇にいるので、相談内容の理解と解決策が見つかりやすいのが大きいです。

ただ近い人に相談しにくい、本音をぶつけたいと考える場合には「転職紹介サイト」「ハローワーク」が適しています。今回は目的別に記載もしておりますのでご自身のタイプに合わせた方法を検討してみて下さい。

ただ転職の相談をする前に気を付けてほしいことがあります。

・転職したい理由、辞めたい理由を明確にする

・キャリアの整理

・譲れない条件、大事にしたい想いのまとめ

これらを必ず行うことです。特に転職の理由がなかったり、嫌なことのみが理由だと明確な相談に応えにくくなるため気を付けるようにして下さい。転職で悩んでいる方の相談の仕方のイメージがこの記事で解消されるとを願っています。

採用情報

1 看護師の転職相談先3選

看護師の転職を考えた時に様々な手段があると思います。

スマホで検索すると看護師転職サイトが数多く出てきたりし、悩むことが多いと思います。今回20を超えるサイトや転職相談先を厳選した結果、主にオススメできるものは3つまとめました。

・看護師の同僚や先輩

・看護師転職紹介サイト

・ハローワーク

1番は看護師の同僚や先輩が相談先として適していますが、なかなか難しい方は紹介サイトやハローワークになりますので、記事の中で皆様にあったものを選んでください。

1-1 1番の相談先:看護師の同期や先輩

看護師が転職を考えた際に1番ふさわしい相談先は同期や先輩になります。

理由は同じ処遇や環境に身を置いているので、悩みや困っていることが似ているからです。そのため、転職の際のギャップは極端に減ります。

看護師として働く上で転職を考える大きな理由としては

「とにかく人間関係がぎくしゃくして仕事がしにくい」

「経験年数を増えるごとに給与は増えないけどやることが多くなってしまう」

「残業が辛い、夜勤が年齢的にきつくなってきた」

が挙げられます。

これは同じタイミングで入社した同級生が不満や転職を考えるきっかけになりやすいです。そのため、それを回避するために転職した同期いれば勧める病院やクリニックはその悩みを解消している可能性が最も高いです。

他人の評価よりも自分の気心知れている仲間の情報が何より信頼がおけます。もし同級生や同期が周りにいない方は、先輩や後輩を頼るのが一番です。なぜなら同じ環境で働いている看護師同士なので不満も同じです。

不満を解消するために転職をして、その先輩や後輩が自分の職場を勧めてくれるのは、不満を解消できる職場である実証になります。

ベストは同級生や同期がいいですが、もし周囲に転職した看護師や勧める職場がなければ先輩や後輩にアンテナを拡げるようにしましょう。

1-2 目的別で選べる:看護師転職紹介サイト

相談先として看護師紹介サイトがオススメできる理由としては「求人検索数が豊富」「担当のキャリアドバイザーがついてきて悩みの解消をしてくれる」「面倒な日程調整を依頼できる」などがあります。

特に周囲に相談できなさそうな看護師には、専門にしている紹介会社の言葉は大きな励ましになります。ただ紹介会社といっても様々ありますので、今回は目的別でご紹介します。

1-2-1 細かく相談したい、転職が初めての方にオススメな看護roo

株式会社クイックが運営している看護rooはきめ細かい対応で評判の会社になります。

利用した看護師に話を聞いても「こまめに電話をくれて、自分の話をじっくり聞いてくれる」という声が大きく、「初めての転職ですが色々聞けた」という看護師が多くいます。

特に話を聞いてほしい看護師には適している紹介サイトになります。

1-2-2 直接会って相談したい、まずは説明会などフランクに相談したい方はマイナビ

株式会社マイナビが運営しているマイナビ看護師では都市部にはなりますが、定期的に説明会などを行っています。

またHP上でもキャリアアドバイザーの顔が見える状況や、直接会って話もできる環境があり、対面で直接話を聞きたい看護師には最も適しています。利用した看護師に話を聞いても、「直接話せるのは安心」「大きなビルで聞けるので信頼できる」などの声が多くあります。

1-2-3 夜間帯に相談したい、24時間いつでも話を聞いてほしい方はナースではたらこ

ディップ株式会社が運営しているナースではたらこ24時間電話受付をしているため、仕事が終わった夜間帯でも相談ができます。

夜に困って相談してみたいや、話を聞いてほしい方に向いている紹介サイトになります。

看護師のライフスタイルに合わせて対応してくれるので、時間帯は融通利かせたいと考える看護師にはオススメです。利用した看護師に話を聞いても「仕事が終わった時間など把握して気にかけてくれて嬉しかった」などの声も聞きました。

1-3 気軽に相談できる:ハローワーク

ハローワークは公共職業安定所と呼ばれ、国によって運営がされています。そのため、役所のように看護師が気軽に転職などの相談ができる環境にあります。

全国にあるので、どなたも活用できますが、一般の方や就職困難者の利用などもあり時間を要するデメリットはあります。

転職に関する相談会なども実施しており、自分のペースで公平な立場で相談できるのはメリットとなり、気軽に相談できます。


2 看護師が転職相談する前にすべき3つのこと

看護師が転職する前にすべきことは3つになります。

・転職したい理由、辞めたい理由を明確にする

・キャリアの整理

・譲れない条件、大事にしたい想いのまとめ

詳しくは「 看護師が転職で絶対に失敗しない2つの方法と抑えるべき3つのポイント」にもありますが、要約して説明します。

2-1 転職したい理由、辞めたい理由を明確に言えるようにしましょう!

今の職場において転職したい理由は何になりますか?転職したい理由によっても優先順位は大きく変わります。看護師が重要にしているポイントはその職場環境や外部環境でも異なります。

看護師 転職理由

※調査対象:看護師から看護師以外の職種へ転職した経験がある全国20~39歳の男女100人 

調査方法:インターネットリサーチ

実施期間:2018年7月20日~7月23日

出典元:マイナビ看護師|看護師辞めたいけど不安…… 経験者が語る辞めて良かったこと・転職後の仕事

上記を見てわかるように看護師によっては悩みが違います。もし他にやりたい仕事がある場合と、人間関係やトラブルやストレスで悩んでいる方では選ぶ条件は異なってきます。あなた自身が何をもって転職したいかをまずは整理するようにしましょう。

2-2 キャリアの整理をして目指すべきことを知りましょう!

看護師の資格を取られた方の多くは明確な理由を持たれている方が多いです。過程で変わる方も多いですが実際自分がなぜなったのか、そして今は何を考えているか自問自答しましょう。

・看護師という仕事を選んだ理由

・看護師学校で学んだこと、印象に残ったこと

・看護学校での症例発表内容

・就活の際の面接内容、志望動機

・始めて働いて印象に残ったこと、楽しかったこと

・実際に看護師になってからの心境

・勤めてからの症例研究発表内容

・仕事をして得たスキルや研修、興味を持ったこと

・仕事をする上での強み弱み

・看護師としての一番のやりがい楽しみ

その上で自身の目指したものがどこに位置するのか、どこを目指したくなったのか確認することが大事になります。「 看護師のキャリアアップ総まとめ!絶対に理想の看護師になろう!」にも内容はありますので自身のキャリアの整理を行うようにしましょう。

2-3 絶対に譲れない条件をまとめましょう

給与」「休み」「アクセス」が多くの看護師が条件として挙げる3点です。

いかに良い職場や環境でもここを譲れないという方は条件にあう職場を追求しないと、ジョブホッピングを行うことになります。特に給与に関しては同期には比較的言いやすいというのが一番失敗しない理由の一つになります。

休みに関しては「4週8休」「年間休日〇〇日」「有給取得率何%」など就業先によっても異なります。意外に多いのがアクセスに関してです。

「長い通勤で不幸に!?看護師が通勤時間を20分以内にすべき5つの理由」にも理由は記載されていますが、道路の渋滞状況まで自身で想像するのが大事になります。


3 看護師が転職相談する際に陥る2つの注意点

看護師が転職相談する上で気を付ける注意点は2点になります。

転職理由が明確でない」「嫌なことのみが理由になってしまっている」これらが理由であると、転職相談としても前向きに話がされない可能性が高くなります。

3-1 転職理由が明確でない

転職理由が明確でないと、解決策が見つからない要因に繋がります。

例えば最も多い「人間関係」が転職理由であれば同期や先輩のアドバイスや、紹介会社へも人間関係が円滑な職場を相談することができます。またキャリアアップを望んでいる場合には、そのキャリアを積むための転職先や資格取得が可能な場所を検討することができます。

しかし理由が明確でないと、転職の相談もままならず時間の無駄に終わりますし、明確でないことで希望の転職先がわからなくなります。そのため必ず転職理由は明確にするようにしましょう。

3-2 嫌なことのみが理由になってしまっている

転職理由と近いですが、ネガティブな理由を回避するだけの理由での転職は避けましょう。

ご自身でも思い浮かぶと思いますが「嫌なことを回避するだけの相談を受けた場合どのような気持ちになりますか?」多くの方は、「転職が解決策なのか?」「我儘ではないのか?」という印象になります。

適した相談ができにくく、その問題の解決のみになり、同じ問題が転職先でも生じる可能性が高くなりますだからこそ2章にあるような準備が必要になるので、嫌なことのみが理由になる場合は必ず準備をしましょう。


4 まとめ:転職相談先は同僚や先輩、紹介サイト、ハローワーク

看護師が転職先相談として考えると、様々な情報があるため悩んでしまう方が多くいますが、厳選すると3つの方法がベストになります。

・看護師の同僚や先輩

・看護師転職紹介サイト

・ハローワーク

1番相談しやすいのがやはり「同僚や先輩」になります。

周囲に相談しにくい、目的をもって転職したい場合は「看護師転職紹介サイト」、気軽に相談したい方は「ハローワーク」です。

ただ転職相談する前に行うべきことが実はあり、この3つを行わないと、希望する転職が見つからず、目的が達成できないことがあるので気を付けて下さい。

・転職したい理由、辞めたい理由を明確にする

・キャリアの整理

・譲れない条件、大事にしたい想いのまとめ

まずは、ご自身がどうしたいかしっかり吟味した上で相談に踏み切るようにしましょう。皆様の悩みが一つでも解決できることを願っております。

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?

リカバリーでは一緒に働く仲間募集しています
訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら→ - 訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら -