美容外科を辞めたい看護師におくる辞めるべきか否かの判断基準3選

看護師の写真看護師の写真

美容外科を辞めたい看護師におくる辞めるべきか否かの判断基準3選

美容外科で働いているが「思っていたのと違う」「イメージとギャップが凄い」と感じていませんか?

そしてもう辞めようと思い始めているかもしれません。
「ちょっと待ってください」

実は今の状況が変えようのない状況で辞めるべき状況か、勇気をもって行動することで変えられることで辞めないべき状況かに分けられます。
「ノルマや営業がキツイ」「院長や部長の考えがどうしても合わない」「看護師として治療やケアを行いたい」など努力でも変えられない場合はすぐに辞めるべき状況です。

ただ人間関係やギャップがある場合においては、辞める前に行動をとるようにしましょう。

看護師は転職先が多いですが、無意味に転職を繰り返すことでキャリア形成を阻害する要因になってしまいます。
是非ご自身の今を振り返りつつ、今後の参考にして下さい。

採用情報

1 美容外科クリニックを辞めたいと思いすぐに辞めるべき3つの状況

美容外科クリニックで働けば患者さんが綺麗になり、自分も美意識が高まる、技術も磨かれてレベルアップできると思い描いて働き始めた方が多いと思います。

しかし、実際思い描いたものとのギャップも多く聞かれるのも事実です。
病院や施設のように、実習がなく、聞いた話や、世間やインターネット上の情報しかないので、イメージと異なるのも仕方がない環境があります。
努力で変えることもできますが、環境上「辞める」という選択肢しかない3つの状況があります。

  • ノルマや営業がキツイ
  • 院長や部長の考えがどうしても合わない
  • 看護師として治療やケアを行いたい

これらは、自身の努力で変えようがありません。精神が病んでしまったり、看護師自体を嫌になってしまう前に転職することをオススメします。

1-1 ノルマや営業がキツイ

美容外科クリニックの半数近くが、ノルマがあったり、個人にはないけどクリニックや部署単位でのノルマが生じます。

そのため、今まで考えていなかった営業が業務として加わり、ギャップが生じることがあります。
ノルマや営業はインセンティブなどが生じ、やりがいに感じる看護師もいます。

しかし、馴染みがない分、ストレスに感じたり、難しく感じる方もおります。
時間経過で気持ちの変化はあるかもしれませんが、どうしてもノルマや営業にストレスを感じたり、続けることが困難と感じることが続けば、解消は難しいためノルマがないクリニックや他に転職しかない状況となります。

1-2 院長や部長の考えがどうしても合わない

面接時に話をしたことと、実際業務でのギャップ、あるいは院長の方針が合わないなどのケースがあると思います。

また看護部長や事務長も同じような考えであればその病院の方針であるため、考えの相違をすり合わせることが難しくなります。
特に看護観を強くお持ちである場合は、自身との相違は想像以上のストレスになります。

そのため、合わせたり、変更できる場合は問題ありませんが、どうしても合わない場合は変えることは非常に困難なので、辞めるという選択肢がベストとなります。

1-3 看護師として治療やケアを行いたい

日勤帯で働けること、体力的に考えて美容外科クリニックを選択する看護師は多くいます。

また残業が少なかったり土日に休めることは美容外科クリニックのメリットになります。

しかし美容外科クリニックでは患者さんへのケアや医療行為はある程度内容が固定化されます。
また場所によっては患者さんと関わる時間が短かったり、看護師としてのケアが少ない場合があります。

もし病院のような、医療行為を行いたいと希望する場合にはその想いは叶えることは難しくなり、転職でないと解決は難しくなるため「すぐに辞めるべき状況」となります。


2 美容外科クリニックを辞めたいと思っても思いとどまるべき3つの状況

美容外科で働くのが辛い、同じ仕事でスキル的に不安などと感じてしまうことはどうしてもあると思います。

特に実習などで知っている仕事ではないため、働いてからのギャップを感じてしまうことは少なくありません。
相談できる環境がないと「自分だけ」と抱え込みがちですが、実際は解決できる問題も多くあります。

  • 人間関係や上司との関係性が悪い
  • イメージとのギャップ
  • 自分の看護師像が決まっていない

これらの場合は、ちょっとした工夫や行動を変えることで、解消する場合が多くあります。是非参考に行動変容をしてみましょう。

2-1 人間関係や上司との関係性が悪い

クリニックの規模や系列にもよりますが、医師、看護師、事務員で構成されているケースが多いです。

特に看護師と事務員の場合、一度こじれた関係が修復しにくかったり、価値観の相違で溝が拡がるケースはあるはずです。

しかし、人数が少ないからこそ、改善するチャンスは多くあります。

あなたと同じように他の方も嫌な気持ちで思っているケースが多いため、院長などと相談して建設的に解決することが重要になります。
看護師も同様で事務員や院長を巻き込みまずは解消に動きましょう。
ポイントは感情的に話をせず、前向きな解決策を一緒に考えることが重要となります。辞めるという選択をする勇気よりも、改善する勇気を持つようにしましょう。

2-2 イメージとのギャップ

美容外科は、面接の内容や紹介会社の説明、転職者の言葉などがメインで実際のイメージがつきやすい職場です。

しかし、利用していたイメージで働くと、実情とのギャップを感じる看護師もいます。
特に美容外科ですと、施術やその介助も多くあり、手術室経験者以外は初めてのことが多くあります。

ただ、イメージとのギャップがあるからと言って転職するのは時期尚早です。
特に「1年未満での転職」となると、次の仕事も決まりにくく、イメージも悪くなります。

また私も手術室で勤務した際は1年くらい慣れるまで時間がかかりました。
ギャップがあるからやめるという選択肢ではなく、まずは今の業務を整理して考えて、衝動的に考えるのではなく、整理をすることが重要となります。

2-3 自分の看護師像が決まっていない

職場の人間関係等を理由に、衝動的に辞めたい、クリニックが向いていないなどと思った場合は必ず行ってほしいことがあります。

それは「自分がどんな看護師になりたいか?」を見直すことです。
自分の働きたい職場が見つかるきっかけに必ずなります。看護師のキャリアアップ総まとめ!絶対に理想の看護師になろう!」の記事でも方法を記載してありますので、まずご自身の理想の看護師像を見直し、振り返りをしましょう。


3 オススメな目的別転職先3選

自分の看護師像が明確化したり、自身の目的があった際にオススメの転職先があります。
今回のギャップや齟齬を解消できるように、できれば2社以上は同じ働き先から選定するといいでしょう。

  • 地域貢献で、予防をメインとした地域包括支援センター
  • 高収入を得たいなら夜勤専従看護師
  • 昼勤メインで治療やケアを行いたいなら訪問看護

どの仕事も一長一短ありますが、是非ご自身に合いそうなものの参考になれば幸いです。

3-1 地域貢献で、予防をメインとした地域包括支援センター

地域包括支援センターは高齢者の相談支援、介護予防マネジメント、地域包括支援業務などの役割があります。
介護保険にまつわる相談業務やケアプランの作成、時には健康教室など介護予防に関連した業務を任されることが多くあります。

ケアマネージャーや社会福祉士、保健師との関わりも多くなり、多岐に渡る業務があるため、慣れるまで時間がかかる仕事ではあります。
地域に貢献という面では最も叶う職場ではあります
が、今までの経験が活きにくい職場ではありますので、ご自身の目指す姿と十分見比べて考えることをオススメします。

3-2 高収入を得たいなら夜勤専従看護師

看護師として収入をすぐに上げるには、夜勤専従というこがあります。
著者も経験したことがありますが、夜勤が苦にならない方は収入面だけ考えるとピッタリの働き方になります。

給与も月50万以上になることが多いです。
ただ
病院によって正社員として雇用しない場合が多いので、働き方も勿論ですが、雇用形態や福利厚生などの確認をするとギャップが少なく働けると思います。

3-3 昼勤メインで治療やケアを行いたいなら訪問看護

訪問看護は昼勤がメインで、看護師としての治療やケアを行え、地域包括支援センターでの経験も活かせるオススメの職場です。
給与も夜勤ほどではありませんが、高めに設定もされています。
患者さんと直接関われる点も病院に近くて人気が徐々に高まっている職場です。

しかし、半数以上が夜間のオンコール対応を行っており、場所によっては月に10回近くある場所もあります。
こちらも求人票や面接時の確認を十分行えればギャップも回避できるので、意識しておきましょう。


4 まとめ:辞めることは状況別で選択

美容外科クリニックを辞めたいと思った場合は、すぐに辞めるのではなく、状況別で考えるようにしましょう。

すぐに辞めるべき状況は「ノルマや営業がキツイ」「院長や部長の考えがどうしても合わない」「看護師として治療やケアを行いたい」など努力でも変えられない状況です。

人間関係やギャップがあるなどの場合は、思い切って相談をしたり、行動でカバーしましょう。

また看護師像が定まっていないで転職するのは同じ失敗を起こす可能性が高いので、じっくり5年先まで考えることをオススメします。
是非今の状況が打破できる一歩に繋がることを願っております。

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?

リカバリーでは一緒に働く仲間募集しています
訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら→ - 訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら -