クリニックで働く看護師が退職をすべき状況と異なる状況3選

看護師 クリニック看護師 クリニック

クリニックで働く看護師が退職をすべき状況と異なる状況3選

クリニックで働いてるけどもう辞めたい、思っていた仕事と違う!と思っていませんか?

待ってください!本当に辞めるべき状況か冷静にまずは問題の状況把握をしましょう。もし辞めたいと思ってもシチュエーションで異なります。それは辞めるべき状況、思いとどまるべき状況で大きく異なります。

体調やメンタル面に問題が生じている」「院長との関係性がどうしても合わない」「看護師として治療やケアを行いたい」という場合はすぐに辞めるべき状況です。

一方「人間関係が悪い」「転職して1年未満」「次にどんな看護師をしたいか決まっていない」と思っている場合には、すぐに辞めるのではなく、しっかり準備や考え方を見直すようにしましょう。

特に理想の看護師像がない場合には、3章を参考に自身の想いをまとめる作業をするのが最大の近道になります。

今の状況を打開するために退職という選択ではなく、まずは冷静に今行うべきことを考えて対応することをオススメします。この記事が将来を考えるきっかけになれば嬉しく思います。

採用情報

1 クリニックの看護師を辞めたい!すぐに辞めるべき3つの状況

クリニックは日勤中心であり、病院や施設と比べると少人数なので楽に感じられる看護師も少なくありません。

しかし、クリニックならではの職場環境もあり、辞めたくなる看護師もいます。特に院長との関係性や、長期間務めている看護師や事務員との関係に悩むケースが多くあります。

日勤中心のため夜勤でのすれ違いや休みの違いなどがないため、ほぼ毎日顔を合わせることも影響を与えます。そのため、働く前との理想とのギャップも生じることがあります。

改善策があることも多いですが、下に挙げた3つの状況であれば、解決することは難しいため辞めるべき状況と言えます。

・体調やメンタル面に問題が生じている

・院長との関係性がどうしても合わない

・看護師として治療やケアを行いたい

これらの状況にあれば、「すぐに辞めるべき」状況です。転職を視野に入れることをオススメします。

1-1 体調やメンタル面に問題が生じている

クリニックでは少人数で長時間一緒にいるケースがほとんどです。特に相談先がない看護師の場合は「夜眠れない」「出勤前に吐き気やめまいを生じる」「食欲が出ず、体重が〇Kg減った」などの体調面の変化をきたす方もいます。

病院や施設のように、人事を担当する部署もなかったり、事務長が人事を兼務するなど詳しくない場合があり、適切なアドバイスをもらえずに、ドンドン悪い方向にいく可能性もあります。

必要があればメンタルクリニックなどの受診も必要かもしれませんが、明確に職場が原因で体調やメンタル面が不調となっていれば、すぐに辞めるべき状況です。

1-2 院長との関係性がどうしても合わない

院長によっては、面接時の話と異なったり、掲げている理念などが実情と大きくかけ離れている場合があります。また気まぐれで看護師を動かしたり、私用で頼みごとをされて困るケースもあります。

個人経営の場合は、苦情やパワハラを訴える窓口がなかったり、院長自身が受付をするケースが多くなります。

話し合いや、面談などで改善される場合は問題ないですが、相談をしてもどうしても解決しない場合は、なかなか解消は難しいでしょう。体調やメンタル面に問題が生じる前に、すぐに辞める状況にあると言えるでしょう。

1-3 看護師として治療やケアを行いたい

体力面を考えて、日勤帯で働けることを理由にクリニックを選択する看護師は多くいます。また残業が少なかったり土日に休めることはクリニックのメリットになります。

しかし「診療の補助」がメインのクリニックでは患者さんへのケアや医療行為は限定的となります。そのため患者さんへ直接的なケアをもっとしたい医療行為を行いたいと希望する場合には、その想いは叶えることは難しくなります。

転職でないと解決は難しくなるため「すぐに辞めるべき状況」と言えるでしょう。


2 クリニックの看護師が辞めたいと思っても思いとどまるべき3つの状況

「クリニックで働くのは辛い」「狭いコミュニティなので逃げ場がない」と思うことがあると思います。

休みがとりやすいと言われて入社したら違っていたり、思い描いた生活と異なるケースもあるはずです。今の問題は大きく感じるかもしれませんが、「ただ辞めたい」という気持ちで考えるのではなく、ご自身の状況を改めて見直してみましょう。

しかし、将来を考えたり、抱えている問題によっては辞めずに思いとどまったほうがいいケースがあります。

・人間関係が悪い

・転職して1年未満

・次にどんな看護をしたいか決まっていない

これらの状況にあれば「思いとどまるべき」状況です。まず記事を読んで実行することをオススメします。

2-1 人間関係が悪い

クリニックの規模にもよりますが、数名の医師、看護師、そして事務員で構成されているケースが多いです。

特に看護師や事務員の場合、一度こじれた関係が修復しにくかったり、言いにくいことで溝が拡がるケースはあるはずです。

ただ人数が少ないからこそ、改善するチャンスは多くあります。特に事務員の場合は同じように看護師も思っているケースが多いため、院長などと相談して建設的に解決することが重要です。

看護師も同様で事務員や院長を巻き込み、まずは解消に動きましょう。ポイントは感情的に話をせず、前向きな解決策を一緒に考えることが重要です。

辞めるという選択をする勇気よりも、改善する勇気を持つようにしましょう。

2-2 転職して1年未満

転職して1年未満ですと選ぶ転職先が限られてしまいます。また転職できたとしても「1年未満での転職」ということを上司が知っているため、色眼鏡で見られてしまうこともあります。

勿論1章のような問題があればすぐに転職をオススメしますが、看護感や業務内容だけの問題でしたら、仕事の中で違う楽しみを見つけることが解消の近道となる場合があります。

どうしても仕事に前向きになれないなどがあれば、仕事以外の楽しみややりがいを見つけ、オンとオフのメリハリをつけた生活スタイルを確立する時間にすると、次にも繋がると思います。

2-3 次にどんな看護をしたいか決まっていない

職場の人間関係や、衝動的に辞めたい、クリニックが向いていないなどと思った場合は必ず行ってほしいことがあります。それは「自分がどんな看護師になりたいか?」を見直すことです。自分の働きたい職場が見つかるきっかけに必ずなります。

地域に貢献したい、○○な領域を頑張りたいと想えば、現職のクリニックが最適なケースもあります。衝動的に退職届の提出を行うのではなく、まずは一呼吸おいて自分の看護師像を明確化して考えるようにしましょう。


3 クリニックの看護師が転職する前に絶対に整理すべきこと

看護師の将来像を決めておくことは非常に重要です。案外見直してみると、今の仕事が自分の目指すべき姿であったと感じる場面は少なくありません。もし転職を考えた場合、退職届の前に必ずキャリア形成を見直すようにしましょう。

看護師 クリニック 辞めたい

もしやり方が見つからなければ上記の図を見て考えると整理しやすいと思います。「看護師のキャリアアップ総まとめ!絶対に理想の看護師になろう!」の記事でも方法を記載してありますので、転職を考えた場合にはまず理想像の見直しと振り返りをしましょう。


4 オススメの日勤中心の転職先3選

3章でご自身の将来像を作成してみた上で、日勤中心という観点でオススメの転職先をお伝えします。夜勤が難しいという理由でクリニックに務める看護師が多い中、実は3つの就業先でも働き方や目的も異なります。

・書類作業が少なく、昼勤務を希望する場合は美容クリニック

・昼勤メインで治療やケアを行いたいなら訪問看護

・地域貢献で、予防をメインとした地域包括支援センター

どの仕事もポジティブ面、ネガティブ面がありますので、作成した将来像と見比べながら検討してみて下さい。

4-1 書類作業が少なく、昼勤務を希望する場合は美容クリニック

近年急増しており、ニーズが高いのは美容クリニックです。土日休むことは難しいですが、日勤メインで働けて給与も高めに設定されています。

美容クリニックでは施術や医師の診療の補助がメインです。

書類業務はありますが、事務員も配置していることが多いため相談や調整がしやすい職場です。稀に看護師が書類業務を兼ねるクリニックがあるため、求人票や面接時に確認するとギャップが少なくなるはずです。

クリニックと同様、個人経営から大手まで様々です。院長との人間関係で悩んだ看護師は大手を選択するとリスクが減りますので、HPなどの確認も入念にすることをオススメします。

4-2 昼勤メインで治療やケアを行いたいなら訪問看護

訪問看護は昼勤がメインで、看護師としての治療やケアを行え、地域包括支援センターでの経験も活かせるオススメの職場です。

給与も夜勤ほどではありませんが、高めに設定もされています。患者さんと直接関われる点も病院に近くて人気が徐々に高まっている職場です。

しかし、半数以上が夜間のオンコール対応を行っており、場所によっては10回近くある場所もあります。こちらも求人票や面接時の確認を十分行えればギャップも回避できるので、意識しておきましょう。

4-3 地域貢献で、予防をメインとした地域包括支援センター

地域包括支援センターは高齢者の相談支援、介護予防マネジメント、地域包括支援業務などの役割があります。

介護保険にまつわる相談業務やケアプランの作成、時には健康教室など介護予防に関連した業務を任されることが多くあります。ケアマネージャーや社会福祉士、保健師との関わりも多くなり、多岐に渡る業務があるため、慣れるまで時間がかかる仕事ではあります。

地域に貢献という面では最も叶う職場ではありますが、今までの経験が活きにくい職場ではありますので、ご自身の目指す姿と十分見比べて考えることをオススメします。


5 まとめ:クリニックの辞める判断は状況別で考える

クリニックで看護師を辞めたいと考えた場合は、すぐに辞めるのではなく、状況別で考えるようにしましょう。

すぐに辞めるべき状況は「体調やメンタル面に問題が生じている」「院長との関係性がどうしても合わない」「看護師として治療やケアを行いたい」という場合になります。

その他の理由であれば辞めるという選択肢ではなく、自身の将来像の明確化や、問題の解消に努めるようにしましょう。

クリニックは大手から個人経営まで様々な働き場所があります。しかし少人数だからできることや、自身の動きで理想を目指すことも可能となりますので、辞めるという選択のみで考えず、ご自身のキャリアや将来像と照らして選択するようにしましょう。

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?

リカバリーでは一緒に働く仲間募集しています
訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら→ - 訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら -