夜勤なし!ストレス減!看護師の病院以外の9つの就職先と仕事内容をご紹介!

看護師の就職先看護師の就職先

夜勤なし!ストレス減!看護師の病院以外の9つの就職先と仕事内容をご紹介!

看護師の働く場所として、病院というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実はたくさんの選択肢があります。

厚生労働省による2018年の資料「衛生行政報告例」でも、看護師資格を持つ約7割の人が病院で勤めている、というデータが出ているように「看護師の就職先=病院」というイメージを持つ人も多いでしょう。(参照:平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

看護師は責任も重く、その上、不規則な勤務や人間関係で、ストレスを抱える人も多いでしょう。しかし自分にあった就職先を選ぶことで、看護師として生き生きと働くことができるはず。

そこで本記事では、看護師資格が活かせる病院以外の就職先やお仕事の内容について、詳しくご紹介します。今の職場や、今後の就職先選びで悩まれている看護師の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

採用情報

1 看護師が病院以外で働くメリット

看護師は病院以外にも、いくつもの就職先があり、またそこで働くことによる主なメリットとして以下が挙げられます。

  • 夜勤や残業が少ないため、プライベートが充実できる
  • 急変などがなく、落ち着いて仕事ができる
  • 難しい医療行為や看護技術を必要としないため、復職しやすい

病院で働いていると、張り詰めた緊張感や不規則な勤務でストレスを抱えやすく、また忙しくて患者さんに向き合うことができず、自分の思い描いていた看護ができないと葛藤する人も多いでしょう。

しかし病院以外の職場に目を向けてみることで、上記の悩みやストレスが解消でき、自分の希望する働き方やライフスタイルに応じた就職が可能です。

いまの職場や働き方で悩んでいる人は、一度病院以外の就職先を検討してみてはいかがでしょうか?


2 看護師資格が活かせる就職先の紹介

ここから先は、病院以外の看護師資格が活かせる就職先と仕事内容について、一つずつご紹介していきます。

病院であれば、医師の診察や処置の介助、患者さんへの医療行為などがメインの仕事となりますが、看護師の仕事はそれだけではありません。対象者の健康の維持・増進や、日常生活の支援などにおいても広く活躍できるため、看護師としての知識・経験や専門性を求められる職場も多くあるのです。

それでは見ていきましょう!

2-1 産業看護師(企業専属の看護師)

産業看護師は、企業に勤める看護師のことを呼びます。企業の医務室などに勤務し、社員・従業員に対して、健康の維持・増進のためにさまざまな業務を行います。

具体的な仕事内容としては、従業員の健診(準備から結果の通達、指導などのフォローなど含む)、ストレスチェックなどのメンタルヘルス関連、勤務時の外傷や体調不良時の応急処置、健康相談業務などがあります。

健康な人が対象なので、ハラハラする急変や医療行為が必要となる事態は、ほとんど起こりません。またデスクワークが多く、勤務時間も固定されているので、ライフスタイルが保ちやすく、心身ともに余裕を持って働けるのが大きなメリットです。

人気があり募集が少ないために、希望していても就職が難しい場合があります。就職先の候補として考えている場合には、求人のチェックを欠かさず行うようにしましょう。

2-2 ツアーナース

学生の修学旅行や課外授業、企業の研修旅行など、主に団体での旅行に同行して、健康管理や傷病時の手当、緊急時の対応などを行うのがツアーナースです。

同行前には、日程やスケジュールを確認するとともに、打ち合わせで参加者の健康状態や持病の有無、注意事項などをチェックします。また参加者が体調不良となったときに慌てないよう、ツアー先の病院を下調べしたり、救急バッグの物品の確認をしたりの事前準備も欠かせません。

ツアーナースの仕事は、時には医療職として適切な判断や処置を求められるため、緊張感を持つ必要はありますが、気分転換をしながら仕事ができるので、旅行が好きな看護師の方におすすめです。

基本的に単発の仕事のため収入が不安定になりやすいですが、ツアーの繁忙期以外には派遣会社などで働くこともできるので、自分次第で多様な働き方をすることも可能です。

2-3 献血ルームや健診センター

献血ルームや健診センターでも、看護師の資格を活かすことができます。

センターでの看護師の主な仕事は、主に採血や身長・体重などの各健康診断項目の計測や転記、がん検診などの診察介助などです。センター内だけでなく、健診車や献血車に乗って企業や地域に訪問して実施することもあります。

病院とは違って健康な方への対応となるため、急変などの心配はなく、ストレスも少なく仕事ができます。また難しい技術もほとんど必要なく、ルーティンワークが多いため、ブランク明けで看護師の仕事に不安を持っている方でも復職がしやすい環境と言えるでしょう。

日勤のみで残業などもないため、育児中の方やプライベートを充実したい方にぴったりです。

2-4 保育園や幼稚園

たくさんの乳児・幼児を預かる保育園や幼稚園。子どもたちが安全に過ごせるよう、また親御さんが安心して預けられるように、看護師には子どもたちの体調管理や衛生・安全の管理を行うことが求められます。

子どもたちの毎日の健康チェックにはじまり、園内の衛生保持、体調不良時の対応、ケガをしたときの応急処置、服薬管理、親御さんからの健康相談、健康だよりの作成など、看護師の仕事内容は多岐に渡ります。

またアレルギー発症時の対応なども看護師に任せられるため、乳児期から幼児期の幅広い医療知識や的確な判断が必要です。

園にもよりますが、日勤のみで日曜日や祝日は休みのところが多く、また残業も少ないという特徴があります。医療行為もほとんどなく、子どもとの関わりが多い職場でもあるため、出産・育児などのブランク明けの看護師さんでも復職しやすいです。

2-5 介護施設

介護施設には居住施設として、老人ホームやグループホーム、通所施設としてデイサービスなどがあります。看護師は、主治医と連携し、入居者や利用者の方への必要な介護や医療を提供します。

介護施設では、バイタルサイン測定などの健康チェックや入浴可否判断、服薬管理、機能訓練(リハビリテーション)、栄養・排泄管理などの日常生活のケア。また医師の指示に基づき、血糖測定やインスリン注射、褥瘡処置、胃ろう管理、吸引などの医療行為も行います。

基本的には穏やかに仕事できますが、転倒時などの応急処置や急な体調悪化時の判断・対応など、医師がいない分、施設内唯一の医療者として看護師の経験や知識が求められます。そのほか、施設内の介護士やPT・OTなどのメディカルスタッフとのコミュニケーションも必要です。

看護師としての臨床経験を活かすことができ、病院よりも多くの時間を利用者の方と向き合うことができるため、人との関わりが好きな方には向いている職場と言えるでしょう。高齢化に伴い、ニーズも高まっています。

2-6 障がい者福祉施設

障がい者福祉施設には、障がい者や障がい児を支援するために、入所施設や通所施設、就業・生活支援センターなど、さまざまな種類があります。医師、介護福祉士、理学療法士や作業療法士などの多職種と連携して、入居者や利用者に対して必要なサービスを提供します。

健康管理や、食事、排泄、入浴などの日常生活の支援から、必要時には胃ろうの管理、褥瘡処置、吸引などの医療行為。また就労や日常生活の自立をするための支援など、施設や障害の内容によって看護師に求められる役割・仕事内容も大きく異なります。

施設にもよりますが、医療行為は少なく、残業もほとんどないため、ブランク明けや子育て中の看護師の方でも復帰しやすい職場です。一人ひとりと向き合うことができ、やりがいを感じる場面も多く、お給料も高い傾向にあります。

2-7 治験コーディネーター

新たな薬剤の治験(臨床試験)のサポートをする、治験コーディネーター。製薬会社や医師、薬剤師などと連携し、新薬の有効性や安全性を検証します。

製薬会社や医師への連絡、スケジュール調整、患者さんへの薬剤の説明やケア、資料作成など、治験が円滑に行われるように、さまざまなサポートを行います。

コミュニケーション能力が求められるほか、さまざまな資料を作成するため、パソコンスキルも必要です。

治験コーディネーターに看護師資格は必須ではありませんが、看護師としての臨床経験や、疾患・薬剤の知識、医師や患者さんとのコミュニケーション技術を十分に役立てられます。

また、産休・育休の取得や有給休暇の取得、土日祝日の休みなど、福利厚生が整っており、女性でも働きやすい環境となっているのも特徴の一つ。お給料も比較的高く、日勤のみの勤務のため、プライベートも充実させやすくなっています。

2-8 テーマパークの救護室

たくさんの人が訪れる遊園地などのテーマパーク。看護師からは少し離れたイメージを持つ方も多いかもしれませんが、来園者が安心して楽しく過ごせるよう、テーマパークでも看護師は必要とされているのです。

具体的には、来園者・従業員の突発的なケガや体調不良時に応急処置を行ったり、必要時には救急車要請の判断をしたりします。対応後には上記内容の記録をする他、従業員の健康管理や、施設の案内なども仕事に含まれることがあります。

「これまでとは違った就職先で働いてみたい」と思っている方におすすめですが、必要とされる看護師の人数自体が少ないため、求人もほとんどありません。希望する方は求人のチェックを欠かさないようにしましょう。

2-9 美容クリニック

美容に関心が高く、美しくなりたいと希望する方が訪れる美容クリニック。患者さんは施術のために、高い自由診療の費用を支払うので、看護師にも接客スキルや美容に関する知識が求められます。

美容クリニックでは、医師の診療補助や手術のサポート、患者さんへのフォローやカウンセリングなど、来院した患者さんに包括的に関わります。看護師として培ったコミュニケーションスキルや、医師の処置・手術介助の経験を活かすことが可能です。

美容クリニックでの仕事は、日勤のみで給料が高く、プライベートも充実させやすいという特徴があります。美容への意識が高く、興味関心がある看護師におすすめの職場です。


3 看護師は病院以外にも就職先がある

看護師の就職先として最も有名なのは病院ですが、これまでご紹介したように、病院以外にもたくさんの就職先があります。

出産や子育てでブランクがあって心配という方や、もっとゆっくりと働きたい方、自分の興味のある分野で働きたいという方も、自分の希望に合った就職先であれば、充実感や満足感を得ながら働けるはず。

病院以外に視野を広げて、ご自分にあった職場選びをしてみてはいかがでしょうか?

 

訪問看護をやってみたい。やりたい看護がある。そう思う人こそリカバリーに来てほしい。

「自分の大切な人を看るように、利用者様やご家族と関わる」

訪問看護ステーション リカバリーは、創業からこの思いを持ち、
利用者様やご家族にとって「もうひとりの温かい家族」のような存在として、
在宅での療養生活をお手伝いさせていただいています。

「あなたが来てくれると安心する」
「おうちで過ごせてよかった」

1人でも多くの利用者様の「家に帰りたい」という思いを叶えるため、
「もうひとりの温かい家族」という思いに共感してくれる看護師の方、
わたしたちと一緒に働きませんか?

リカバリーでは一緒に働く仲間募集しています
訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら→ - 訪問看護をやってみたい方のエントリーはこちら -